疾風のように現れて 疾風のように去ってゆく
e0152914_0284354.jpg
「ZZZZZZZ.....」

隠元ぽんがこ~んな感じで心地よく寝ていたら、うちの母親が猫用のごはんを買って来ました。

今まであげた事のない種類のものだったので、缶詰を眺めながら
ちょっと様子を見ようかな~
なぁ~んて思っていたところ

隠元ぽんがお目覚めになりました。
e0152914_0291334.jpg
「おかん、これなんだ?」

あ~、えっとね、それは鮪兄貴の……
って隠元ぽん、聞いてる?
e0152914_0293714.jpg
「なんか わくわくするぞ~!」

……あ、何か悪い予感が……
e0152914_0295614.jpg
「えいっ!」
どーん!

おいおいおいおい!
何やってんだよ隠元ぽん!
e0152914_0321445.jpg
「たのしいな~。つぎは こっちだ!えいっ!」

その後隠元ぽんはにゃんこのご飯をあと2本倒し、大満足のていでお風呂場方面へ駆け去りましたとさ。


しかし鼬って、何で立ててある物を倒すのに物凄い情熱を注ぐんでしょうね~?
[PR]
by kidney_bean | 2009-06-05 00:48 | 困ったもんだ


<< カスピ海ヨーグルト 遊びは全力投球 >>