鼬の大冒険
e0152914_285410.jpg

いんげんだぞー。

きょうは おいら、 だいぼうけんを したんだぞー。

おかんが

「おしごと いってくるね」

ってでかけたあと、おいら けーじが ちゃんと しまってないことに きづいたんだぞ。

だからおいら、ぼうけんの たびにでたんだ。

おいらたちの へやをでて、いろんなところを たんけんしたんだぞ。

いちばんとおくの すっげーあったかいへやにいったら むちゃくちゃ たのしそうな すりっぱを はっけんしたんだ。

もっふもふで でーっかいすりっぱ。

たからもの みたいだったんだぞ。

おいら、すりっぱに はいって くっくっく~ってよろこんでいたら、らんぽあにきに みつかっちゃった。

たからものの すりっぱも とられちゃったんだぞー。

ちぇっ。

ざーんねん。
e0152914_2231029.jpg

でもでも、きょうは いっぱい ぼうけんして たのしかったんだぞー。

ちょっと つかれたけどな。





えー、おかんです。

今日はおかんが休日出勤でちょいと家を出ている間に、隠元ぽんがケージのお外に出ちゃいまして。

母達のいる居間に突然姿を現すという、びっくり仰天な出来事がありました。

帰宅して大慌てでケージに戻された隠元ぽんの様子を見たところ、たくさん歩いてちょっとお疲れな様子ではあったものの、何だかとっても楽しそうな様子でして。
おかんは何だか
「全く、脾腫なのに、無理して!この大冒険鼬さんがっ!」
という気持ちと
「隠元ぽん、向こうのお部屋まで行けたの-?いっぱい歩けるようになって良かったね~」
という気持ちが入り交じって、何とも複雑な心境だったりします。

でもでも、隠元ぽんが大冒険しちゃったのも、ひとえにおかんがケージをちゃんと閉め忘れたせいなのです。
ああ、反省反省。
もう二度とこんな事をやらかさないように注意しなければなのです。

しかしながら、我が家族は突然トコトコやってきた小さな闖入者が可愛いらしく、且つお相手が楽しかったようで、大慌てのおかんを尻目に
「隠元ちゃん、またおかんの目を盗んで遊びにおいでー!」
なんて暢気に言っていましたが。




でもって。

大冒険をしたのは、隠元ぽんだけではありません。
このひともです。
e0152914_2344277.jpg
「あーなんだですよー」

と言っても流石のおかんも、アーたんのケージまでは閉め忘れる事はなかったため、アーたんが冒険をしたのは放牧時の事でした。
いや、アーたんの場合、冒険というより探検と言ったほうが良いのかもしれません。

さて、どんな探検をしてくれたのかというと



これだ~。 
e0152914_235421.jpg
「たのしそうなものが たくさんありますよー!!」

……いやアーたん、それはゴミだから。


というわけで、ゴミ箱の探検でした~。
このゴミ箱、高さが40cm以上は軽くあるんですが、アーたんが背伸びをすると、何とか登れてしまうのです。

ゴミ箱の中で誤飲でもしたら大変!と、おかんが一生懸命阻止しようとするのですが、こういう時に限ってアーたんはあり得ない程の執念深さを発揮してくれまして。
いやはや、困ったものです。

全く、乱歩様(猫)だって思いっきり呆れてるじゃないー!
[PR]
by kidney_bean | 2009-11-29 02:48 | 困ったもんだ


<< 腫れが引いたかな? 一歩前進? >>