貧血と脱水症状
昨夜深夜、隠元ぽんの貧血が酷くなりまして。

鼻やお口の粘膜は蒼白、体はひんやり状態。
おまけに朝、おじや(流動食)をあげようとしたところ

「おいら たべない」

とぷいっとされてしまいました。

おじやだけはどんなにしんどくてもしっかり食べていたのに!
これは一大事!!!!

という事で、今日は慌てて病院に駆け込みました。


診ていただいたことろ、腫れていた脾臓こそ小さくなっているものの、貧血が急に進んでしまったようです。
(私自身テンパっていたので先生の言葉を半分くらいしか覚えていないのですが、脾腫の場合、急に貧血状態になる事があるんだそうです)

それから、脱水症状が出ていたため、点滴と注射を打って来ました。


隠元ぽんはしんどくても割と良くお水を飲みに行く子なので、私としてはまさか脱水症状になるとは思っていませんでしたが、先生によると、飲んだ水を隠元ぽんが吸収出来ていない状態だったようです。

点滴を打ったので、明日病院に行くまでは脱水状態になる事はないと思うのですが

でも、隠元ぽんがちょっとでも脱水でしんどくなるのは、おかん耐えられない-!!!

という気持ちに駆られまして。
んで、速効で買って来ました。
e0152914_1261159.jpg

アクアコール。

近所のイオンにある無駄にでっかいペットショップも、なかなか役に立つものです。

というわけで、ケージの床に置いてあるお皿のお水の中身をアクアコールに変えました。
これで少しでも水分を脱水を防げれば良いのですが。

因みに肝心の隠元ぽんは
e0152914_1262725.jpg
「おじや もぐもぐだぞー」

注射と点滴のお陰で、食欲は戻ってきたようです。

アクアコールのお味も気に入ってくれたようで、ゴクゴク飲んでいます。

ああ、ひとまず良かった。


ところでペットショップのレジに並んでいる時、何故かおかんは、去年、仕事がらみのご縁で会った中国の占い師の方から

「あなたの亡くなったお父様は、いつもあなたのそばにいて、あなたを助けてくれていますよ」

と会った瞬間に言われた事をふと思いましました。

なので、親父の生前超ワガママ娘でならしたおかんは、親父を死後もこき使おうと思います。

おい親父、この鼬はお前の可愛い可愛い孫息子だ。
自分の孫を助けないジジイが何処にいる!?
アンタの面目にかけて、根性入れてうちの可愛い隠元ぽんを助けんかい!!

取り敢えず神仏に縋るより、これが一番効くと思うので。

つーわけで親父、兎に角頼む。




んで、今日のアーたん。

e0152914_1264263.jpg

隠元ぽんのケージの横の加湿器の前に陣取って、一体何をしているのかな~?と思ったら
e0152914_127410.jpg
「えすてですよー。びがんですよー」

スチームを顔に当ててうっとりしていました。
(因みに加湿器はニトリで2900円でした。500mlのペットボトルで約6時間もつんだそうです)

アーたん、案外ナル系なのかもしれません。






んで、今日は久しぶりに乱歩様がキレイに撮れたのでのせてみます。
e0152914_1272197.jpg


どうやら海の向こうではMiss Fat and Beautifulなんてコンテストがあったようですが

うちの乱歩様がこれの猫版に出たら、私、85%位の確率で東海大会予選くらいは突破出来そうな気がするんですよ!!
(あ、勿論若い子にゃ勝てないと思うので、シニアの部で)


ええ、所詮飼い主の欲目ってヤツですよ-。



でも、17歳のジジイでこの美貌を保てる野郎猫って、なかなかいないと思うんですよね-。
[PR]
by kidney_bean | 2010-01-10 02:11 | 病気・病院


<< アクアコール効果現る! ぬくぬく。でもやっぱり困ったもんだ。 >>