隠元ぽん、頑張っています。
今日も隠元ぽんに会いに行って来ました。

前回寝袋を持参したところ

全身が隠れるタイプのものは様子が見えなくなるので駄目

との事だったので、今回は隠元ぽんが使っていたラウンドベッドを持参しました。
e0152914_125491.jpg
「いんげんぽん、げんきに なりましたか?」

ドキドキしながら入院室のドアを開けると、保育器の中で寝ていた隠元ぽんが目を覚まし

何と!

すくっと立ち上がり、おかんの方に歩いて来てくれました。

前日に会った時は、こっちに来てくれるといっても、如何にもしんどそうに這って来る状態だったのですが、今日の隠元ぽんの足には

充分力がありましたよー!

おかん、超感激です!!
どうやら治療の効果が出ているようです!!

自力でご飯も食べられるようになってきたのか、保育器の中には小さなお皿にフードが入れられていました。

良かった-。
本当に良かった-。

おまけに隠元ぽんは、おかんに少しだけナデナデされた後

「おかん、おいら げんきなとこ みせるぞ。ちょっと みてるんだぞ!」

とばかりに保育器の隅に行って、元気の証拠のおしっことうんこを出してくれました。

そして、先生の手でおかん持参のラウンドベッドの上に寝かされた隠元ぽんは

「おいらの べっどが きたんだぞー!」

とでも言わんばかりに、愛用のベッドを元気よくカミカミしてくれました。

おかん、凄く嬉しいです。
隠元ぽん、凄く頑張っています。


と、隠元ぽんが凄く元気なような事を書いてしまいましたが、やっぱり隠元ぽんが危険な状態なのは変わらず、相変わらず保育器の中から出られない状態です。
体が弱っているので、検査もおっかなびっくりな状態だそうです。

でも、今日の隠元ぽんの様子は、おかんは何となく元の生活への第一歩が踏み出せたようで凄く嬉しかったです。

どれだけ時間がかかっても、どれだけお金がかかっても良いです。
完璧に治らなくても、隠元ぽんのしんどいのがなくなりさえすれば良いです。
ただ、もう一度おかんは隠元ぽんとアーたんと、以前のように仲良く生活し続ける事が出来るようになるまで、おかんは頑張ろうと思います。



そうそう、折角良い先生にお世話になっているので、水曜日にアーたんの健康診断もしていただく事にしました。
そういえばアーたんが保護された時、保護してくれた方(というのがうるりちゃんのお母さんなのですが)がアーたんの健康チェックに駆け込んでくれたのも、この病院なんですよねー。
何だか、とっても縁を感じます。
でも私が、この縁をもう少し早く生かすことが出来たら、こんなに隠元ぽんにしんどい思いをさせずに済んだんだよなーと思うと、やっぱり反省頻りです。
[PR]
by kidney_bean | 2010-02-07 02:15 | 病気・病院


<< 少しの間、さようなら。 面会に行って来ました >>