マイクロチップを入れてきました。
数日前に移住予定の国からフェレットを連れて行くための書類が届いていたので、本日はそれを動物病院に届けるついでに迦葉にマイクロチップを入れに行って来ました。

向こうに入国するためには、ペットはマイクロチップが必須なのです。

かしょかしょは一人でキャリーに入るのが嫌いなヤツなので、鎮静剤代わりと道中のお相手にアーたんも一緒に行きました。
(因みにアーナンダは昨年10月にマイクロチップを入れてあります)
e0152914_23314628.jpg
「おでかけだよ~♪」

うん、かしょかしょの大嫌いな病院だけどね。

んで、小僧共を乗せて渋滞する道をえっちらおっちら病院に向かったのですが

私、気付いてしまったんです。

病院まであと数分の地点で



e0152914_23354865.jpg

この書類を玄関に忘れて来たことにっ!!!


んもう、ガーンですよ、ガーン!054.gif

一瞬取りに戻ろうかとも思ったのですが、取りに行こうにもこの渋滞の名所のような道を戻ったら、どれだけ時間がかかるか分かったもんじゃありません。

私、泣く泣く病院に電話を入れて、今日はマイクロチップを入れていただくだけにして貰いました。

ふぅ042.gif

マイクロチップは針が太いため、鎮静剤を使用して入れるそうで、その間おかんはアーたんと一緒に待合室で遊んでいました。

で、チップを入れ終わったかしょかしょを受け取り、病院の近くにあるうるりちゃんのお母さんのお宅で暫し小僧共を遊ばせて貰って帰ったのですが

かしょかしょ、病院と遊び疲れが一気に来たのか、帰宅直後から
e0152914_234543100.jpg

爆睡。

舌もぺろんと出したまま、非常に良く寝ています。
e0152914_2346344.jpg

舌をいじくりまわしても、起きやしません。

そういや、アーたんも静かだよねー

なんて思って見てみると
e0152914_23471361.jpg

アーたんも舌出し爆睡でした。

お前等、幾ら仲が良くても、こんなところまでお揃いにしなくても良いんだよ~。





ところで、愚痴らせて下さい。


海外移住の問い合わせ先って、一般的にはその国の大使館じゃないですか。


私も一度大使館に問い合わせた事があるのですが、これがもー




使えない!!!!!


「フェレットって、何ですか?その動物は(移住先の国に)輸入可能なんですか?」

って、私が聞かれましたよ!



大使館の日本人スタッフに。



念のために問い合わせ前に移住予定の国の農水省(にあたる官庁)のウェブサイトの、ペットの入国に関する部分に目を通していたため、私が

「○○の××に関するページにフェレットについての事が書いてあります。読んでおいて下さい」

なんて言うハメになってしまいました。


私、フェレットって今まで思ったより知名度のある動物だなーと思っていたのですが、ペットに対する意識の高い某国の大使館員にあんなのがいるとは、全く思いもしませんでした。


というわけで、書類の取り寄せ等に関しては、直接向こうの該当省庁にメールして行っています。


犬猫に比べればまだ一般的ではない動物なので、この反応も仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが、鼬連れでの海外移住予定がある方は、大使館に頼るより移住先の国と直接コンタクトを取った方がスムーズに話が進むんじゃないのかなーと思います。
[PR]
by kidney_bean | 2010-03-11 00:10 | 鼬連れ移住準備


<< 薄毛注意!! 仲良きことは美しきことかな >>