反省なんてする筈がない
私の部屋のすぐ横にはお風呂場やら台所がありまして。
鼬には魅惑的ながらも比較的危険なものが多いので、放牧時にはドアにストッパーを突っ込んであります。

あ、ストッパーといっても、使っていない折りたたみ椅子を引き戸と本棚の間に突っ込んであるだけなのですが。

といってもこの木製折りたたみ椅子、かなりの重量があるシロモノで、ちょっとやそっとじゃ動かない筈なのですが
e0152914_152319.jpg
ア:「あーなんだ、この じゃまっけを、とるです!」
ガシガシガシガシ!!!
迦:「あーたん たのしそうだよー。かしょーも いっしょに やるよー」

えー、小僧共にとっては更に闘争心(?)を掻き立てるだけのものだったようです。
e0152914_1521263.jpg
迦:「わーい!ほりほりだよー」
ア:「これが じゃま なんですよー!あーなんだの てき なんですよー」

いやー、ふたり揃って凄い事凄い事。
恐ろしい事に木製折りたたみ椅子がじりじり動いて、ドアの隙間から外れそうになっています。

しかしながらこのまま椅子が倒れて私の愛する小僧共がケガなんてしたら一大事なので、小僧共はおかんによってドア周辺から強制退去されました。


アーたんは
e0152914_1522150.jpg
「まったく、むかつくですよー。あしたこそ あの じゃまっけを とるですよー」

すっかりふて腐れております。

んで、迦葉は
e0152914_1523431.jpg
「かしょー、きたえるんだよ。つよい いたちに なるんだよ」

えー、リベンジに燃えて(?)消臭スプレー運びのトレーニングに勤しんでおりました。

全く-、このひとたち、全然反省してないよー008.gif054.gif






ま、鼬に反省を求める方が無理な話なのかもだけど。
[PR]
by kidney_bean | 2010-04-16 02:11 | 日常


<< 踏まれたり蹴られたりの日 現場からお伝えします >>