続・フェレットショーに参加しました。
昼間に少し書いた「フェレットショーに参加しました」の続きです。

少々長いですが、お付き合い下さい。
e0152914_120837.jpg

会場では、こんな感じでエントリーナンバーを付けたキャリーにそれぞれ鼬を入れていました。
チャンピオンシップにエントリーする子の場合は、1鼬1キャリーが必須なので、うちは2キャリーと、あと待ち時間用に二人揃って入れる犬用キャリー
(コーギーちゃんが使える位のサイズのものです)
を持って会場に入りました。

実はケージ毎持って来ていたのですが、到着が遅れて急いでいたという事もあり、手でさっと持てるキャリーのみを持って会場に走ったのですが、どうやらこれが正解だったようです。

会場は既に参加者の方々でテーブルも椅子もいっぱいでして。
私達は座るところもキャリーを置く場所もなかったために、空いている壁際にキャリーを置かせて貰い床に座っていたんです。
なので、もし大型のケージを持っていったら、多分場所がなくて物凄く困ったんじゃないかと思われます。
e0152914_1262838.jpg
「おかん、いたちさんが いっぱい いるよー」
(撮影:うるりちゃんのお母さん)

迦葉、一等賞を貰うの図。

私はずっと我が家の小僧共はとんでもない駄鼬だと思っておりまして。
なので、賞なんて貰えた事におかんはすっかり舞い上がっております。

しかしながらかしょかしょは、一等賞も何処吹く風で、いつものようにぽーっとしています。
e0152914_1265699.jpg

迦葉のチャンピオンシップの評価です。

『ナイスヘッド』だそうですが、中身は全くナイスじゃありません。
『少し落ち着きがない』のは、おかんの子なのでしょうがないです。

そういえば色んな方に凄く毛並みの良さを褒めていただきまして、何人かの方に

「秘訣はあるんですか?」

と聞かれたのですが……

まーったくありません。

つーかおかん、迦葉の毛並みをずーっと

『くたくたしていてショボい毛だなー』

とか思っていました。

かしょかしょ、毛並み良かったんだね。

今までずーっとデブで不細工な鼬の子だと思っていてごめんなさい。


んで、アーたん。
e0152914_1271310.jpg
「おかん、おろすですよっ!あーなんだは、あっちに あそびに いくですよっ」
(撮影:うるりちゃんのお母さん)

汚い顔なのでハートマークで隠しましたが、おかん、アーたんが賞を取って満面の笑みです。

アーたんの評価は
e0152914_1272171.jpg

ちょっと奥さんっ(?)、『ナイスマッスル』ですよっ!!!
『すばらしい骨密度』ですよっ!
これは生の暴れん坊アーたんのマッチョさ及び体力バカっぷりを知っている人は、皆大ウケでした。

ジャッジの方々によるとアーたんは毛並みが粗いそうですが、おかんはてっきりアーたんの毛の方がしっかりしていて、迦葉なんかよりよっぽど良い毛並みなんだと思っていました。
ちょっとびっくりー。


ところでですね、ちょっと真面目な話。
おかんはアーたんがチャンピオンシップ&カラースペシャリティーで6位を取ってくれた事が、本当に嬉しいんです。
ぶっちゃけ、迦葉の1位より嬉しいです。

というのも、あんまり書きたくないのですがアーたんは、一度は捨てられた子でして。
そんなアーたんを保護して、私に引き渡してくれたのがうるりちゃんちのお母さんだったんです。
(余りの暴れん坊将軍っぷりに、前の飼い主さんが付き合いきれなかったんじゃないかというのが、私の周囲でほぼ定説化しつつあります)

一度はいらない子宣告されたアーたんが、こうやって公に良い鼬さんである事を認めて貰い、それから賞までいただける。
それも、アーたんを保護してくれたうるりちゃんのお母さんの前で。

私はこれが本当に本当に嬉しかったです。

アーたんは、決していらない子じゃないんだとお墨付きをいただけたのと同じですから。

ジャッジの方からロゼッタをいただきながら、おかんはアーたんを捨てた前の飼い主に向かって

「ざまあみろ!!私のアーナンダは、最高の鼬なんだ!!」

と、大声で言いたくなりました。
e0152914_1273151.jpg
「あーなんだ、やりましたよっ!」

そうだねー。
アーたんはすっごくえらい鼬さんだよー。
おかんの宝物だよー。
e0152914_1274385.jpg

お祝いにと、うるりちゃんのお母さんが、アーたんのために可愛らしいベッドをプレゼントしてくれました。
e0152914_2115995.jpg
「このべっど、きもちいいよー」

小僧共はこのベッドが物凄く気に入ったようで、ハンモックそっちのけでふたりでぎゅうぎゅう詰めになって寝ています。

……あ、アーたんがベッドからずり落ちた(笑)


でもでも、やっぱりおかんは故・隠元ぽんも一緒にフェレットショーに参加出来たら良かったのになぁと思ってしまうのです。
私にとってはやっぱり、隠元ぽんこそが最高の鼬さんなので。

そんな気持ちをショーの間もずーっと抱えながら過ごしたのですが、うるりちゃんのお母さんをお見送りして車に戻った後、おかんはアーたんが賞を取れた嬉しさと、隠元ぽんが一緒にショーに参加出来なかった寂しさがこみ上げてきて、声を上げて大泣きしちゃいました。


って湿っぽくなっちゃいましたね。
すみません。

最後に今回の鼬グッズの戦利品を。
e0152914_1275989.jpg

審査続きでバタバタしっぱなしであまりお店をゆっくり見ることが出来なかったのですが、その割に結構買えたかなぁなんて思っています。

さて、次のフェレットショーは浜松だそうですね。
な~んで私が海外逃亡した後に地元で開催するかな~。
いっその事、海外逃亡やめてやろうかな~。
なーんておかん、結構本気で考えていたりします。

フェレットショーのために、もしおかんが海外逃亡をやめてブログタイトルを「鼬的国内生活」とかに変えたら、どうぞ鼬馬鹿だと大笑いしてやって下さい。
[PR]
by kidney_bean | 2010-04-20 02:35 | フェレットショー


<< もげるかと思った。 フェレットショーに参加しました。 >>